PMPの流儀

PMPの流儀

エンジニアのページ

MENU

奇跡のArrandale

Arrandale は2010年にインテルから発売されたモバイル系のCPUです。Core2 世代から、Core i 世代に移った最初の世代だ。何が奇跡かというと、2021年の今でも現役で使えている事です。もちろん速さやスペックにギャップはあるが、Windows10も特に支障なく動いている。

 

Arrandale が今でも通用する理由

  • SLAT(Second Level Address Translation)に対応  →  VMware, Hyper-Vに必須
  • H264ハードウェアデコーダ内蔵  →  H264の動画再生
  • 64bit に最適化 → これ以降64bit OSが一般的になりました。
  • 最大メモリ 8GB → 2021年も8GBが普通のレベルです。
  • USB3.0  → これはインテルには関係ないが、2010年頃からUSB3.0端子搭載のPCが現れた。高速なデバイスを使用できる。
  • CPU 4個(Core 2個 + SMT)。標準的な構成
  • SATA 3G。現在のSATAは6Gだが、最新のSATA SSDが接続できます。
  • Windows10 をクリーンインストール可能
  • HDMI端子  → この頃から今もスタンダードなHDMI端子が搭載されてます。

という具合。今の普通の機能を持っている事が、今でも現役で使える証です。

Arrandale が使えない分野

いまいちな点は

  • 動画のHWエンコード機能が無い
  • H265, AV1などのHWデコード機能がない
  • CPUの拡張命令であるAVXが使えない。
  • CPUの熱量が高くファンがうるさい
  • DirectX 10のため、3Dゲームは絶望的
  • USB-C を搭載していない。

おもにゲームは使い物にならないです。動画はH265以降のコーデックはCPUパワーが厳しいです。

あと、Windows11で必要な機能を欠いているため公式サポートされていない。

  • TPM2.0どころかTPMがない
  • UEFIによる セキュアブートができない。従来のBIOS起動のみ
  • DirectX 12に対応していない

Arrandale が使える分野

Officeなどの事務処理や、Webの閲覧程度なら全く問題ありません。動画はH.264のHWデコードを持っているのが幸いでした。Youtubeも今の所無問題です。

 

Arrandale でWindows10を快適に使うために

 メモリ8G と SSD化をしましょう。特にSSDは必須です。

 

所感

 10年以上前のCPUが現役で使えるのは昔なら考えられない異常事態です。要因は何と言っても Intel の10nm の遅延にあります。この10年間のCPUのパフォーマンス向上のペースが明らかに落ちています。

 

顕著なのは2015年のSkyLake 以降です。

 

pmp-style.hatenablog.com

 

2021/6/27 更新

Windows11 が公式発表され、第7世代 Core 以下は適用外になってしまいました。

11年間最新のOSを使えたことが奇跡だったので、世代交代としては致し方なしです。

 

2021/10/14 更新

なんていこうことでしょう。Arrandale 上で Windows11 が動いています。非公式な方法なのでいつまで使い続けられるかは分かりませんが、Arrandale は今日も最新OSを動かせています。

方法はこちらをご覧ください

 

pmp-style.hatenablog.com