PMPの流儀

PMPの流儀

エンジニアのページ

MENU

ノートパソコンはキーボードで選ぶべし(タイピングが多い人向け)

今やパソコンの出荷台数の過半数がノートパソコンの時代です。画面の大きさで大体絞り込み、あとは見た目とかブランドイメージで買っている人がいると思います。Office やブログ、プログラミングなどタイピングが多い方はキーボードをまず見てください。残念なことにデザイン重視で使い心地が悪い製品があります。各社のキーボードを比べてどこのメーカーが買いかを見てみます。
f:id:ruruucky:20210307013333j:plain

 

1. 見極めるポイント

キーボードはデスクトップ向けのフルキーボードが基本です。配列は以下になります。ノートPCはスペースの制約があるので、どう工夫するかがメーカーの腕の見せ所です。
f:id:ruruucky:20210306231237j:plain

私がキーボードで理想としている判断基準は以下の4点です。安定したタイピングができることを求めています。

条件1. カーソルキーがフルキーに対して一段下がっていること

カーソルキーを快適に使うための配置です。この点で、操作性をとるかデザイン重視なのかが分かります。

条件2. フルキーの幅をキーによって差異をつけていないこと

Enterキーの左側の [ や ] の辺りのピッチが狭い場合があります。このエリアはプログラマーやかな入力派の人にとっては死活問題です。

条件3. Enterキーの右側にテンキーなどが配置されている場合、隙間が空いていること。

打ち損じの防止のためです。

条件4. フルキーと、最上段のファンクションキー列に隙間があること。

打ち損じの防止のためです。

2. 各社の状況

2.1 Fujitsu

富士通NECと並んでパソコンの黎明期からの歴史があります。条件4がみたせていませんがカーソルキー周りの処理は完璧です。質実剛健富士通らしいです。
文句なくお勧めできます。

2.1.1 10キー有り

条件1 〇 一段下がっています
条件2 〇 全てのキーが同じ大きさです
条件3 〇 Enterキーとテンキーの間に隙間があります
条件4 × フルキーとファンクションキーの間に隙間がありません

f:id:ruruucky:20210306231735j:plain
f:id:ruruucky:20210306233630p:plain

2.1.1 10キーなし

条件1 〇 一段下がっています
条件2 〇 全てのキーが同じ大きさです
条件3 -
条件4 × フルキーとファンクションキーの間に隙間がありません

f:id:ruruucky:20210306233646p:plain

2.2 Panasonic

条件1 〇 一段下がっています。
条件2 〇 全てのキーが同じ大きさです。
条件3 -  Let'sNoteは14インチ以下のラインナップのため、テンキー付きの機種はありません。
条件4 × フルキーとファンクションキーの間に隙間がありません。

Let'sNoteは国産のこだわりがありキーボード配列も完璧です。
14インチノート
f:id:ruruucky:20210307011450j:plain

12インチ以下
f:id:ruruucky:20210307012043j:plain
半角・全角キーの位置がずれているのが気になるのは減点要素です。

数年前にはNECと同じように、カーソル↑キーが右シフトキーの位置に食い込んだ配列にしていた時期がありました。反省したのか、今のラインナップはすべて独立しているので、今は自信をもってお勧めできます。

2.3 Toshiba

dynabook はデザイン重視設計です。

2.3.1 10キー付き

条件1 △ 一段下がっていないが、最下段の列が伸長している。上下キーの縦方向が短いため△
条件2 × ¥, [, ], _ キーが細い。プログラミングには向かない。
条件3 × Enterキーとテンキーの間に隙間がない
条件4 × フルキーとファンクションキーの間に隙間がない

f:id:ruruucky:20210307001634j:plain

2.3.1 10キー無し

条件1 △ 一段下がっていないが、最下段の列が伸長している。上下キーの縦方向が短いため△
条件2 × ¥, [, ], _ キーが細い。プログラミングには向かない。
条件3 -
条件4 × フルキーとファンクションキーの間に隙間がない

f:id:ruruucky:20210307012734j:plain

2.4 NEC

NECは日本のパソコンの黎明期 1980年代から PC-88, 98シリーズで日本市場に圧倒的なシェアを築きました。キーボードにも定評がありました。
しかし、数年前から大問題が発生しています。

2.4.1 10キー付き

条件1 ××× 最悪
条件2 〇  キーの大きさ同じ
条件3 ×  Enterキーとテンキーの間に隙間がない
条件4 × フルキーとファンクションキーの間に隙間がない

条件1に対して最悪の対処の仕方です。シフトキーの長さを削ってカーソルキーを食い込ませているのが分かります。
f:id:ruruucky:20210306234028j:plain

許せない !!

プログラミングや文書を書いているときに、タイピングミスは指の感覚で分かり、無意識にバックスペースで修正をしますが、一行上に移動されたらいちいちカーソルの位置を確認しなければならず、とてつもなくストレスが溜まります。

それでいてホームページにはキーボードにこだわりを持っているとか、書かれているし…
あのNECがなぜこんなありえない配列にしたのか理解できません。中華系と統合した影響でしょうか。

ちなみに以前のキーボードはこれです。

f:id:ruruucky:20210306234144j:plain

見事、4条件全てをクリアしています。数年前までは全条件クリアできるメーカーでした。
それもあって自分のも親のもLAVIEを選んでおり、NECだけは信じていたのに残念でたまりません。

NECを糾弾するページに見えちゃうかもしれませんが、愛ゆえですよ。NECよ、元のキー配列に戻してくれ!!

2.4.1 10キーなし(VEGA)

条件1 ××× 最悪
条件2 〇  キーの大きさ同じ
条件3 -
条件4 × フルキーとファンクションキーの間に隙間がない

クリエイター向けの最上位機種LAVIE VEGAのキーボード。デザイン重視のため絶対にカーソルキーの配置を一段下に下げないという強い意思が伝わってきます。左右のシフトキーの幅に注目です
f:id:ruruucky:20210307005225j:plain

クリエイターは書き物はしないのでしょうか・・・

2.4.2 10キー無し(VEGA以外)

条件1 △ 一段下がっていないが、最下段の列が伸長している。上下キーの縦方向が短いため△
条件2 〇  キーの大きさ同じ
条件3 -
条件4 × フルキーとファンクションキーの間に隙間がない

f:id:ruruucky:20210308000452j:plain

2.5 DELL

英語キーボードと部品の共通化のため日本語キーボードには無理な配列が強いられてます。タイピングには不向きです。

2.5.1 10キー付き

条件1 △ 一段下がっていないが、最下段の列が伸長している。上下キーの縦方向が短いため△。あと「↑キー」の両側にPageUp, PageDownキーがあり、誤打による影響が大きいのが残念。
条件2 × ¥とBS, _と右シフトキーが近すぎ。リターンキーの幅が狭い。
条件3 × Enterキーとテンキーの間に隙間がない
条件4 × フルキーとファンクションキーの間に隙間がない

f:id:ruruucky:20210307234028j:plain

2.5.2 10キー無し

条件1 △ 一段下がっていないが、最下段の列が伸長している。それでもキーの縦方向が短いため△。あと「↑キー」の両側にPageUp, PageDownキーがあり、誤打による影響が大きいのが残念。
条件2 × ¥とBS, _と右シフトキーが近すぎ。リターンキーの幅が狭い。
条件3 -
条件4 × フルキーとファンクションキーの間に隙間がない

f:id:ruruucky:20210307234118j:plain