PMPの流儀

PMPの流儀

エンジニアのページ

MENU

VMware 不要デバイスの削除(BIOS設定)

VMwareの初期デバイスは、フロッピーやシリアルポートなどのレガシーデバイスが有効になっています。不要なデバイスは無効にする方法を紹介します

 

 

(1). VMWare を起動した直後に、画面内を左クリックと「F2キー」を連打する。

f:id:ruruucky:20190816184418p:plain

 

(2). BIOS画面が開いたら、「右カーソルキー」を押す。

f:id:ruruucky:20190816184908p:plain

 

(3). Advandedタブの内容が表示される。

f:id:ruruucky:20190816185134p:plain

 

(4). 「下カーソルキー」で、I/O Device Configuration に移動して「Enterキー」を押す。

f:id:ruruucky:20190816185346p:plain

 

(5). I/O Device Configuration 画面が開いたら、「Enterキー」を押す

f:id:ruruucky:20190816185416p:plain

 

(6). 「上カーソルキー」でDisabledを選択して、「Enterキー」を押す

f:id:ruruucky:20190816185558p:plain

 

(7). Serial Port Aが無効化されました。 

f:id:ruruucky:20190816185626p:plain

 

(8) 同様にして、Serial port B, Parallel port, Floppy disk controller をDisabled に変更します。

f:id:ruruucky:20190816185952p:plain

 

(9) IDE BUSの無効化

Windows7 以降のOSの場合IDEは使用しないため、無効化できます。

Local Bus IDE adapter を Disabled に変更します

f:id:ruruucky:20190816190157p:plain

 

(10). F10 を押すと保存確認画面が出るので、エンターキーを押して保存する。

f:id:ruruucky:20190816190906p:plain


 以上です