PMPの流儀

PMPの流儀

エンジニアのページ

MENU

VMware ハードディスクの最適化

 VMware Workstation Player の仮想マシンにはハードディスクの接続デバイスLSI SASコントローラなど実在する物理ドライバを使用しています。各OSが標準的にサポートしているデバイスにするおかげで、エラー無くOSをセットアップすることができます。
 一方で、VMwareはデバイスのエミュレートであり物理的デバイス用のドライバが最善とはいえません。VMware社からは低負荷のために最適化したドライバーが提供されています。高速化というよりはCPU負荷を抑えることで、全体のパフォーマンスを上げることが可能です。
この記事では構築済みの仮想マシンを最適なデバイスに置き換える概要を解説します。 f:id:ruruucky:20200903195353p:plain

概要

ハードディスクの接続デバイスは、仮想マシンにインストールするOSにより設定可能な種別、初期値が異なります。

新しい仮想マシン作成時で使用されるデバイス
OS IDE SCSI SATA NVMe
WindowsXP以前
Windows7~8.1
Windows10
仮想ハードディスク追加時のタイプ

選択可能な値と初期値は以下の通りです。仮想マシンを新規作成時と違い選択することができます。

OS IDE SCSI SATA NVMe
WindowsXP以前 ×
Windows7~8.1
Windows10

凡例  ◎:初期値, ○:設定可能, ×: 設定不可

修正方針

NVMeとPVSCSIのどちらが最適なのかが不明だったためベンチマークをとって比較した結果、PVSCSIの方が優れている事が分かりましたので、すべてのOSで PVSCSIを推奨します。

pmp-style.hatenablog.com

OS IDE SCSI SATA NVMe
WindowsXP以前
Windows7~8.1
Windows10

設定方法

Windows10のケース

仮想マシンが Windows10 の場合の手順は以下をご覧ください。 pmp-style.hatenablog.com

Windows7のケース

仮想マシンWindows7 の場合の手順は以下をご覧ください。 pmp-style.hatenablog.com

WindowsXPのケース

仮想マシンWindowsXP の場合の手順は以下をご覧ください。 pmp-style.hatenablog.com