PMPの流儀

PMPの流儀

デジタル物を中心にいろいろな話題を取り上げています

MENU

WindowsUpadate の修復方法を教えます

WindowsUpdateがうまくいかない場合の修復方法を紹介します。Windows UpdateWindowsのセキュリティ対策や、WindowsDefender のウイルス対策のパターンファイルなど定期的にアップデートされます。1ヶ月アップデートされない場合、なにか障害が起きている可能性が高いです。

1. ネットワーク接続の確認

WindowsUpdate はマイクロソフトのサーバーに接続して、最新のプログラムをダウンロードしてきますので、まずはインターネットに接続できていることを確認します。

ブラウザでもメールでもいいのでインターネットが使えることを確認します。

2. トラブルシューティング

Windows の公式な修復方法です。 「設定」→「システム」→「トラブルシューティング」→「その他のトラブルシューティングツール」を開き

WindowsUpdate の「実行する」をクリックします

3. これでも駄目な場合

最終手段です。
WindowsUpdate 関連のファイルを削除する方法です。

管理者権限が必要なのと、操作を間違うとシステムにダメージを与えるかもしれないので慎重に操作してください。

(1). 「スタートメニュー」→ 「すべてのアプリ」の中から「Windowsツール」をクリック

(2). 「サービス」をダブルクリック

(3). 「Windows Update」をダブルクリック

(4). 「スタートアップの種類」で「無効」を選択

(5) 「OK」ボタンをクリック

(6) Windows を再起動します

(7). エクスプローラで「C:\Windows\SoftwareDistribution」のフォルダを開きます。 名前を間違わないように気を付けてください。

(8). この中のフォルダ・ファイルをすべて削除します。

途中で以下画面が出てきたら、チェックを入れて「続行」をクリック

(9) すべて消えたことを確認

(10). 再びサービスの「WindowsUpdate」の設定で、スタートアップ種類を「手動」を選択します。

(11). 「OK」ボタンをクリック

(12). もう一度 Windows を再起動します

(13). WindowsUpate を再び実行します。

(14). すべてのアップデートが実行されたことを確認します

以上で復旧が完了です。