PMPの流儀

PMPの流儀

デジタル物を中心にいろいろな話題を取り上げています

MENU

プリンタのインク詰まりが解消(Canon TS8030)

6年前に購入した キャノンのプリンタ(TS8030)がインク詰りが発生しましたが、完全復活しました。

1. 症状

何か印刷結果がおかしいと、パターン印刷してみると…カラーはしっかり出ているし何も問題ないかと思ったら…

顔料黒インクが全く印刷されていませんでした。Canon のプリンタは画像向けの染料の黒と、文字向けの顔料の黒の2種類を搭載しているのでした。顔料は固まりやすいとの記事もありこれはやばい予感が。

クリーニングを何回かやっても全く改善されません。2, 3ヶ月使っていなかったのが原因かもしれない。

インクは6年間インク革命を使ってます。いわゆる互換インクですが、純正品の半額程度でありながら写真画質も純正品と遜色ないので気に入ってます。
6年も使ったら互換インクは原因ではないですね。

インク革命へのリンクはこちら

2. 対策案

2.1 買い替え案

2016年に購入した CANON PIXUS TS8030は、現在も続くデザインのもとになった機種です。現在の最新機種は TS8630で番号的にも6年前ということが分かります。

6年もたてば買い替えてもいい頃ではある。

公式サイトで機能比較ができる。
https://cweb.canon.jp/cgi-bin/pixus/comparison/spec.cgi?p1=ts8630&p2=ts8030
驚くほど変わっていない。解像度は落ちているくらいだ。

一方コストはかなり上がっている。

機種 TS8030 TS8630
本体価格 19,740円 33,580円
純正インク 6,100円 7,810円
互換インク 4,070円 6,380円

互換インクは、インク革命の大容量6色パック(大容量)の金額です。

これをみると・・・買い替えは二の足を踏んでしまった。何もかもコストアップしとる。

2.2 クリーニング案

ヘッドクリーニングの方法です。ヘッドは取り外しができるので、固着したインクを溶かせば直ります。ネットには様々な商品が紹介されていました。

クリーニング液もインク革命の製品を購入しました。は2000円行かない程度です。これで直ればラッキーとダメ元で購入しました。

その後・・・顔料インクはだめでも画像用のインクは使える。ヘッドのクリーニングで逆にダメになるケースもあるようなので、今あるインクを使いきってからにしようとしばらく待つことにしました。

2.3 修理案

クリーニングがだめだった場合は、修理する方法があります。 Canon の修理ページを見ると

https://repair.canon.jp/repair/order/repaircost.aspx?pr=PIXUS%20TS8030-BK

一律 16,500円 のようです。

6年目というのは気になるが、ランニングコストを考えると新型買うよりこの方法は検討の余地があります。

3. 直った方法

結局プリンタは使う場面がなく、数ヶ月の月日が過ぎました。

そして画像印刷をするのでパターン印字をしてみると…

PGBK の罫線のエリアと、下部にバージョンが印字され、しかも1ラインも抜けがない。

え、直っとる !?

なぜだ ?

その間何もしていない。

クリーニング液は開封もせずに残ったまま。

強いていうと、冬で寒い部屋に置いておいたくらい。

そんなんで直る !?

というわけで、何もせずにほったらかして置いたら、直ってしまいました。